洗い方

洗い方

洗い方

シャンプーの目的は髪の毛の汚れを落とす事だ、と思っている人が殆どだと思います。そしてそれは決して間違った見解ではないのですが、実は正しいシャンプーの仕方を実践する場合、最初のシャンプーを付けないで洗う前流しの段階で、その目的はほとんど達成されていると言っても良いようです。では何のためにシャンプーを付けて洗うのか、という疑問が出てくると思います。それは頭皮を洗うためなんですね。頭皮にこびりついてしまっている皮脂や汚れをマッサージをしながら落とす事がシャンプーによって出来るからです。ですからこれまでシャンプーを髪の毛につけて髪の毛をこすりあわせるような洗い方をしていた人は、それを改善する必要がありそうです。洗い方としてはかみの毛よりも頭皮を意識して指を動かすと言う事です。イメージとしては頭皮マッサージを自分でするようなイメージです。その時に気を付けるのは爪を立てるのは頭皮を傷つけるのでやってはいけないようです。ついつい痒いところがあると爪を立てて刺激を与えたくなりますが、それはだめなんですね。指の腹で頭皮を押すような感じで、もっと言えば毛穴一つ一つの汚れを押し出すような感じで頭皮全体を洗っていくのだそうです。きっと終わった時にはこれまでのシャンプーとは違った感覚があると思いますよ。シャンプーを髪の毛に付ける時にはどのようにしていたでしょうか。ボトルからシャンプーを出してまんべんなく手のひらに付けてそれを髪の毛に付ける、と言う人が多いかもしれませんね。ですが実はシャンプーの使い方にもポイントがあるようです。それはシャンプーを手に付けたら手のひらで少し泡立てることです。手のひらでい泡立てる、というのは少し難しいかもしれませんから洗顔フォームやボディーソープを使う時と同じように、泡立て用のネットを使用すると便利ですね。なぜその一手間が必要なのか、というと、泡立てたシャンプーを使う事でより髪の毛にまんべんなくシャンプーが広がるからだそうです。そのまま髪の毛に付けてしまうと、シャンプーの伸び具合に所によって差が出るので、完全に使い切れなかったり洗い残しにつながったりするようです。ですからあらかじめ泡立てたシャンプーを使う事でそういう事を避ける事が出来るんですね。これまでやっていなかった事をやるのはちょっと面倒だ、と思うかもしれませんが、毎日やっているうちに慣れてくる事でしょう。そして何よりこれまではシャンプーを使いすぎていたことに気が付くと思われます。泡立ててから使うとあっという間に髪の毛の間に広がることを実感できると思います。次回はもう少しシャンプーの量が少なくても良いな、と感じるはずです。美容室 吉祥寺 ヘアサロン カラー 白髪染め 当日予約 クーポン 人気


ホーム RSS購読 サイトマップ