チラシに込めた思い

チラシに込めた思い

チラシに込めた思い

私は美容室のチラシと言うのはそこそこ活用していますが、そのチラシの造りとかから、ある程度その美容室の雰囲気やセンスが解ると思います。その判断が出来るので、結構チラシは熱心に見る方です。いかにも手抜きで雑に作ってある感じのチラシだと、そのお店のチラシ作りに対する思いも、大したことないな、と判断できます。写真も、どこかほかの雑誌とかから引っ張って来たんじゃないの?と思えるような写真が載せて有る様なら、そういうと店には行こうとは思いませんね。いかにも嘘っぽい外人モデルの写真などが載っていたらまず行かない事にしています。逆に手書きっぽい感じで書いてあるとか、値段や写真だけではなくて、お店のポリシーとかスタッフの紹介とかも書いてあると、ちょっと手に取って見たくなりますし、行ってみようかな、とも思いますね。チラシのお店に行く行かない、は別にしてもチラシを見れば、だいたいの判断材料になる感じですね。チラシ一枚でも真摯さが伝われば、そのお店のお客さんへの想いが解るし、はきっとサービスも行き届いている新小岩 美容室なんだろうな、と言う想像がつきますからね。誰でもいいから来てくれ、って感じが前面に出ている様なチラシも有りますからね。


ホーム RSS購読 サイトマップ