同性だからこそ腹が立つ

同性だからこそ腹が立つ

同性だからこそ腹が立つ

同性の美容師にお願いする方が、何かと気を使わない、と言う事があると思いますが、その一方で「同性だからこそ言われたら腹が立つ」と言う事も有ると思うんですね。これは特に女性同士の場合に起こり得る事だと思います。たとえば「髪が傷んでいますね」と言われた場合、同性である女性美容師に言われたら「そんなにはっきり言わなくても!」と腹が立ってしまう事がありますが、異性である男性に言われると「恥ずかしい!なんとかしてもらわなくては」と素直にケアの方法などの話を聞く気になれるかもしれませんね。同性だから気を使わない、というのは美容師にも言える事で、同性同士だからこそ思った事を口にしてしまう事もあるのかもしれません。それは同性同士だからわかるアドバイスでもあるかもしれませんが、逆に相手「わかってるわよ!」と煩わしく思わせる結果を招くこともあるようです。男性のお客さんでも同じかもしれません。年下の若い男性美容師に何かをアドバイスされても「若いオマエに言われたくない」と思うかもしれませんが、異性である女性美容師から言われた言葉ならやはり柔らかく優しく聞こえるので、素直に受け止める事が出来るのではないでしょうか。同性の美容師は気を使わないかもしれませんが、逆に異性の場合は互いに思いやりを持って会話ができるのかもしれません。男性は美容師であるかどうかに関わらず、結果を求めがちな性格の人が多いような気がします。ですから美容師でも同じで、男性美容師は「結果を出す事を一番と考えている」人が多いのではないでしょうか。それに対して女性は結果を出す事ももちろん大切だけれどもそれまでの過程も大切にする人が多いように思います。ですから黙々と寡黙にひたすらお客さんのヘアスタイルを作ることに没頭するのは男性美容師の方で、こういうタイプの美容師はあまり女性美容師には見られません。ですが女性美容師の場合はヘアスタイルを作っていく途中のお客さんとの会話なども大切にする人が多いように思います。もちろん会話をしているから女性は結果に対して手を抜いている、と言うわけではありませんけれども。男性美容師がどちらかというと芸術家タイプなのに対して、女性美容師はサービスと言う点においてとても優れている、と言えるかもしれませんね。どちらのタイプの美容師が好きか、というのは人それぞれです。ですからどちらかと言うと美容室において「とにかくキレイになれれば良いのでそれ以外の事はさほど気にしない」と思っている人は男性美容師と相性が良いかもしれませんし、美容室に居る時間そのものを楽しみたい、と思っている人は女性美容師と相性が良いと言えるかもしれません。八王子駅 美容院 パーマ トリートメント 人気 口コミ 予約


ホーム RSS購読 サイトマップ