同性か?異性か?

同性か?異性か?

同性か?異性か?

みなさんは美容師を指名する時には、男性美容師と女性美容師のどちらを指名したいと思いますか?一説によると男性の多くは指名したい美容師の男女差はこだわらない、と言う人が多いのに対して、女性は圧倒的に同性の女性美容師が良い、と思っているのだそうです。ですから男性美容師が良いか?女性美容師が良いか?という事は同性の美容師が良いか、異性の美容師が良いか、と言う事になると思われますね。やはり女性は異性だと緊張したり、逆に不愉快に感じたりすることが多いのでしょうか。女性同士のお喋りの方が楽しい、と言う事もあるかもしれませんね。中には技術やお喋りはともかく、絶対に同性の美容師が良い、と言う様に性差をかなり意識しているお客さんもいるかもしれません。女性は男性に対して好意的に持つ場合と、好意的に思わないケースがはっきりとしていると思うんですね。この男性はOKだけれどこ、この男性はNG、と言った具合です。ですが男性の場合は比較的女性に対して寛容で、そんなにNGな女性、というのはいないと思っている男性の方が多いと思います。だから美容師に対してもどうしても同性の男性美容師が良い、と言う事を主張する人も薄くないですし、女性美容師に対して絶対に嫌だ、と言う感情も持たないのかもしれません。しいて言えば「恥ずかしい」と言う感情は持つかもしれませんね。一概には言えませんが、男性と言うのはそもそも感情ではなくて理屈で考える方が得意ですよね。ですから男性美容師もどちらかと言うと理屈っぽい人が多いですね。ですから似合うスタイルを探す時でも、理屈から入る人が多いのかも知れません。この顔立ちならこのスタイルでこの長さ、この頭の形ならこのスタイルでこの髪色、と言った具合に自分なりの「正解」を持っている美容師が多いのかもしれません。また会話の内容が意外と面白い人が多いかもしれません。自分の事を熱く語るような人が多いのは男性の方ですし、経験談を語る時でも女性では考えられないようなバカな事をした体験談を語ってくれる人もいます。つまり経験してきている事がわりと大胆で羽目を外したことがある人が多い様なんですね。ですからその経験談も女性ではあり得ないような話が多く、特に女性の皆さんならとても楽しい話だ、と感じるかもしれません。また男性美容師は長く続けている人が多い、と言うのも一つの特徴でしょう。女性美容師は絶対人数としては男性美容師に比べて多いですが、経験年数が浅い人の方が多いです。どうしても結婚や出産によって一時的に休んでいる人も多く、男性が同じ年齢の頃でも休むことなく美容師を続けているのに対して、どうしても練習量が少なくなっています。小岩の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ