ヘアマニキュアとの併用

ヘアマニキュアとの併用

ヘアマニキュアとの併用

髪色を染める方法としてカラーリングの他にヘアマニキュアがあります。ヘアマニキュアは髪色を変える仕組みがヘアカラーとは違います。ヘアマニキュアは髪の毛のキューティクルを保護しながら新しい髪色の色素を少しずつ吸着させていく方法です。ヘアカラーのように髪色そのものを変えるのではなくて髪色を上から塗って色が変わったように見せる、という感じですね。ですからそれだけ色が落ちやすいのですが、髪の毛へのダメージはかなり少なく、ヘアカラーよりもヘアマニキュアを選ぶ人も少なくありません。ですが思ったように発色しづらいのと色の種類も少ないようですし、色が落ちやすいのでその後のケアがたいへんな様です。そんな理由から一度はヘアマニキュアをしていたけれどもいっそカラーリングをしたい、と思う人も少なくないようです。ですが一度ヘアマニキュアをした髪の毛にカラーリングするのはとても難しいようです。良くあるのが自分でヘアマニキュアの一種であるカラーシャンプーとかカラートリートメント、カラーリンスなどをを利用していて、その後美容室でカラーリングをしてもらう事にした場合、思った色に染まらない事が良くあります。そのような時にはヘアマニキュアの類を使用してから少なくとも2・3週間空けてからカラーリングをする方が良い、とされているようです。若い人にありがちなのですが、せっかく学校を卒業したのだから、パーマもカラーもやって大変身をしてみたい!と思ってチャレンジする人は多いものです。ですが多くの人たちは曽於カラーやパーマスタイルを楽しむのと同時に、これまでとは違って髪の毛がかなり傷んでいる事に後になって気付くと思います。カラーリングもパーマも、髪の毛への負担はかなり大きいのです。ですからその二つを同時に行う、というのは髪の毛にとってはとても大変な事なんですね。ですから時間に余裕があるならば一つずつ順番に行う方が良い、とされています。ではどちらを先にする方が良いのか、というとそれはパーマをかけてからカラーリングをする、と言う順番の様です。カラーリングをするとおその色がきちんと定着するまでには時間がかかります。カラーの後にパーマをかける、とか同時に施術する、となるとどうしてもヘアカラーの色あせが進んでしまう様です。きれいに、そしてできるだけダメージを押さえながらイメージチェンジするには、まずはパーマをかけてその二週間後ぐらいにカラーをするのが良いようです。そうはいってもどちらも時間のかかる施術ですから、二日も取られるよりは一日でどちらも済ませてしまいたい!と言う気持ちもわからなくはないですけどもね。五反田にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ