ホームカラーは避けた方が良い

ホームカラーは避けた方が良い

ホームカラーは避けた方が良い

カラーリングを美容室でするのはお金も時間もかかるので、ホームカラーの方が良い、と考えている人は多いと思いますし、実際にドラッグストアでは迷うほどのカラーリング剤が販売されています。手軽に低料金で出来るのでホームカラーに手を出してしまう人は多いのですが、実際に一度やってみた人の中には「思った以上に大変だった」と言う人もいますし、何よりもその後髪のダメージがひどくなった、と言う悲しい経験をする人も多いものです。出来ることならカラーリングは美容室できちんとプロの手でプロが推奨する薬剤で行う方が良いです。何が違うのか、というとそもそも薬剤の質が違います。ホームカラーの薬剤は万人向けに出来ていて、どんな人の髪でもきちんとその色に染まるように作られています。つまりかなり染める力が違うという事で、それは薬剤の強さが強い、と言う事です。だから髪が傷みやすいんですね。自分でやっているとついつい放置時間が長めになってしまったりします。その数分間でもかなり強い影響力があるのですぐに髪のダメージにつながってしまいます。簡単に言ってしまえばきちんと染める事に重点を置いているので、融通が利かないのです。美容室でのカラーリングはその人に合った髪色を、その人の髪質に合った薬剤、負担のない染め具合などを調整してもらう事が出来るのです。ヘアカラーは多くの場合髪の毛にかなりの負担をかけてしまいます。ですから出来るだけヘアカラーの間隔と言うのは長い方が良いように思いますが、どうしても立て続けにカラーリングをしたくなる時があります。それは最初にカラーリングをした時に失敗した、と感じた時です。カラーリングはどんなにカラーサンプルで慎重に選んだつもりでも「こんなつもりではなかった」と仕上がりの色に後悔する事は良くあることです。美容室側もその危険性を良く分かっていますから、お客さんが満足できなかった時のためにお直しなどのサービスをしている所も多いものです。ですがそのタイミングを間違うと髪のかなりの負担をかけてしまいます。酷い時には髪の毛ばかりではなく頭皮にも炎症などのダメージを与えてしまいます。お直しをするにしても少なくとも数日間は間を空けた方が良い、と言われているようです。思う様にならなかった原因の一つとして、カラーを選ぶ時に暖色系から寒色系、またはその逆、と言った具合にまったく系統の違うカラーに変更しよう、とした場合には元の色が仕上がりにかなり影響してくるので、思った様に発色しない事がある様なんですね。まったく髪色を逆の色に変えたい、と言う時にはその事も念頭に置いて使う薬剤の色を考えなくてはいけませんね。鶴瀬の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ