本当にガラス張りは喜ばれているか

本当にガラス張りは喜ばれているか

本当にガラス張りは喜ばれているか

ガラス張りの美容室というのは一見オシャレで通りを行く人でも中の様子を知ることができる、という点では美容室にとってはとてもメリットがあると言えるでしょう。そしてこの手法を取っている店舗と言うのは他の業界でも多いものです。例えばレストランや自動車などのショールーム、ブランドショップなどですね。大きなガラスの向こうに魅力的なものがある、という事をアピールできます。ですがレストランやショールームとは違って美容室の場合はそれが100%メリットになるとは限りません。それは肝心な店内にいるお客さんがそれで心地よいか、という問題があるからです。レストランなどの店舗であれば、自分が店内で何をしているか、という事をガラス越しに誰かが見たとしてもさほど恥ずかしい事ではありません。楽しそうに食事をしている、商品を選ぶのに夢中になっている、という姿は特に恥ずかしいものではありませんからね。ですが美容室ではどうでしょう。お客さんたちはみなケープを被って濡れた髪で座っているのです。その姿はいくら仕方がないとはいえ、他の人にわざわざ見せるような姿ではありませんよね。恥ずかしい、と感じているお客さんも多いのではないでしょうか。おそらく「ガラス張りになっている美容室は嫌だ」と思っている人もいるのではないか、と思われます。確かにガラス張りになっている美容室を外から眺めているのには、とてもお洒落な気がしますし、中の様子が見える事でどんな美容師さんがいるか、という事も知ることができます。素敵な外観の美容室だし、イケメンの美容師さんがいるからその美容室に予約をしてみようかな、という気持ちになる人もいるかもしれません。ですがそれはあくまでも「外から見たその美容室の魅力」です。それが実際に予約を入れてその美容室には行ってみると、これまでは「見る側」でしたが、それからは「見られる側」になるわけです。窓際の席を勧められて濡れたままの髪のままケープを着用して座っている姿、というのはけっして人に見られたい姿ではないと思われます。そしてさらに髪の毛をカットするためにヘアピンで留められたり左右が非対称な姿になっていたり、といったプロセスを通りの人からチラチラ見られるのはけっして心地よい事ではないような気がします。メイクに例えて言えば、メイクをしている最中を眺められるようなものです。確かにメイクで仕上げた顔はキレイかもしれませんが、その過程をわざわざ曝す必要はないですよね。美容室でも同じことが言えるのではないでしょうか。お客さんがその席で「見られていて恥ずかしい」と思えば自然と笑顔が消えてしまうでしょう。そうすると外から見た人たちも「なんだか暗い顔をしたお客さんしかいないな」と言う事になってしまいます。美容院 吉祥寺駅 カラー パーマ トリートメント クーポン ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ