自分に似合うヘアカラーとは

自分に似合うヘアカラーとは

自分に似合うヘアカラーとは

みなさんはヘアカラーをしたい、と思う理由と言うのはどんな事でしょうか。そもそも日本人の元の髪色は黒色で、おそらくは瞳の色と良く合っていて、黒髪が似合わない日本人なんてほどんどいないのでは?と思いますね。それでも多くの人は、特に若い人はヘアカラーをしたい、と思っています。いつの頃からか学生の校則などの縛りが無くなると、多くの人がヘアカラーを一度は経験します。その目的と言うのは単純に「やってみたい」というのが多いのかもしれません。これまで出来なかったおしゃれの一つを体験してみたい、というぐらいの軽い気持ちです。ですが髪色を変える、と言う事はかなり人の顔の印象を変化させます。えらんだカラーによってはその人の印象をがらりと変えてしまう事もあり得ます。ですからカラーを選ぶ時には自分に似合うカラーを選ばなくてはいけません。その時のカラー選び、というのは初めてなら尚更どの様に選んだらよいのか悩むものでしょう。もちろん美容師のみなsンはお願いすればどんなカラーがそのお客さんに似合うか、という相談に乗ってくれます。きちんと勉強している美容師さんなら色彩学を学んで、その人の顔の色や瞳の色などにきちんと合うカラーを選んでくれます。信頼できる美容師さんに相談してみましょう。ヘアカラーをする時の心配事として大きいのは髪のダメージです。ヘアカラーをするとダメージは避けられない、と言うのは常に言われている事です。実際にまったくダメージを受けないでカラーをする、と言う事は難しいと言われています。パーマでも同じことが言えるようです。ですからパーマやカラーをすでに何度か繰り返している髪の毛、というのはかなり傷んでいる事が多いのです。ですからその様な状態の髪にさらにカラーリングをする、というのはかなり危険な事でもあります。きちんとダメージケアをしてくれる美容師なら、その人の髪のダメージをきちんと見極めてくれます。今はカラーをしない方が良い、という判断をする美容師もいるかもしれませんし、使う薬剤を工夫してくれるケースも有りますし、トリートメントなどであらかじめケアしてからカラーリングをするケースも有ります。ダメージに対する対策は色々あります。安易にどんな状況でもカラーを勧めてくる美容師、というのはあまり信用できないかもしれません。カラーは美容室としては単価の高いメニューですから、利益の事を考えると美容室はカラーをしてくれた方が嬉しいものです。ですが本当にお客さんの髪の健康を考えてくれる美容師なら、思い切って辞める様に提案してくれる美容師もいるものです。志木の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ