言葉に流されて

言葉に流されて

言葉に流されて

髪型を決める時に自分ではちゃんと自分の鳴りたいヘアスタイルを決めていったはずなのに、いつのまにか美容師さんの言葉に流されて思ってもいないヘアスタイルになっていた、と言う経験はありませんか?そいういのってそのヘアスタイルが結果的に自分に合っているのならば、美容師さんのセンスが良かったのだな、と思えますがそうでなければ、しかも自分が予定した予算よりも多く払う羽目になってしまった時とかは、ちょっと考えてしまいますよね。そんなことにならないためには、自分がなりたいヘアスタイルは譲らない覚悟で渋谷 美容室美容師さんと話をしなくてはいけません。特に「これは高い施術の方に誘導しているのだな」と感じたならば、頑として、今日はそのつもりではないので、とか時間が無いのでそこまでの施術は要りません、とか言ってはっきりと断った方がいいですね。一度その言葉に流されてしまうと、きっとこのお客さんはなんでも受け入れてくれるぞ、と思われかねません。そもそもそこまでお客さんの希望をむしるるような美容師なら、もうお願いしない方がいいと思われます。どんなに誘導されても流されないぞ、という気もちでいる事が大事ですし、あまりにひどいようなら、担当を変わってもらうぐらいの事は必要かもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ