シャンプーをつける前に洗う

シャンプーをつける前に洗う

シャンプーをつける前に洗う

美容師さんたちの間では「前流し」とか「予洗い」と言われているようですが、シャンプーを付けて洗う前にお湯だけで髪の毛をしっかりと洗うのが良いようです。おそらくみなさんは確かにお湯で髪の毛を洗っているけれども、それは髪の毛を濡らす目的で洗っている、という感覚だったのではないでしょうか。実はこの前流しは、濡らす事ではなく本当に髪の毛をお湯で洗う事を意識して行うべきなのだそうです。驚くべきことにこの前洗いの段階で髪の毛の汚れを半分以上落とす事も可能なのだそうです。極端に言えば本当はお湯でしっかりと洗うだけでも大丈夫、と言えるのかもしれません。ですから取りあえず日頃は髪を濡らす程度で終わっていたこの前流しを、シャンプーを付けた時と同様の時間位かけてしっかりと洗ってみましょう。その後シャンプーを付けた時に泡立ち方にも変化を感じるようです。この時に気を付けなくてはならないのは、お湯の温度です。美容室でのシャンプーを思い浮かべると解ると思うのですが、ひと肌よりも少し暖かめの温度が良い様です。また濡らすのはかみの毛ではなく地肌を濡らす、という事を意識的に行うとよいようです。この地肌がちゃんと濡れているかどうかでシャンプーの泡立ちが随分と違うのだそうで、シャンプーがこれまでよりも少量で泡立つことを実感できる事でしょう。シャンプーをする時にまず何をしますか?と聞かれると多くの人は「シャンプーを髪の毛に着ける」と答えるかもしれません。ですが実はシャンプー前にひと手間かける事がそのあとのシャンプーの効果を高めることになります。それはシャンプー前に髪の毛の絡まりを梳かすためにブラッシングをする事です。ブラッシングをする事で、まずは髪の毛についている汚れを落とす事ができます。ほこりやゴミなどですね。こういった汚れはシャンプーを付けなくては払い落とす事ができます。またブラッシングをする事で髪の毛の絡まりをほどいておくことができるので、シャンプーを付けた時にも髪の毛それぞれに均等にシャンプーやコンディショナーが行渡り効果が高まります。無理に髪の毛を引っ張ることもなくなるので頭皮への刺激も減ります。またブラッシングをする事で頭皮の皮脂やフケをあらかじめ浮かせておく効果がります。そうする事により頭皮にこびりついている汚れが落としやすくなりますね。この一手間がシャンプーの効果を高め、余計な力を入れなくても汚れを効果的に落とす事ができます。注意しなくてはならないのは、これはシャンプー前の乾いた状態で行う事であって、シャンプー中にブラッシングするのはよくありません。確かに気持ちが良くブラシもきれいになるかもしれませんGあ、濡れいている髪の毛にブラシで刺激を与えるのはよくないそうです。溝ノ口 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ