ツヤが無くなるという心配

ツヤが無くなるという心配

ツヤが無くなるという心配

ヘアカラーをすると髪の毛が傷んでしまう、と言う心配はどうしても付いて回るものです。ダメージヘアになってしまう最大の悩みは、髪の毛の艶が無くなってしまう、と言う事ではないでしょうか。ツヤが失われてしまった髪の毛、というのはパサパサした感じに見えますし、いかにもケアする事をサボっている様な印象になってしまいます。誰でも天使の輪とまではいかなくても、ツヤツヤした髪の毛に憧れるものですよね。ですがカラーリングをする以上それはあきらめなくてはいけないのか、と思っている人もいるかもしれません。ですがきちんとダメージケア対策をしている美容師であれば、カラーリングをしながらも髪の毛にツヤ感を持たせる技術を持っている人もいます。カラーリングをする際にウィービング技術という、髪の毛を細い筋状に染める技法があり、それを用いると透明感や立体感を出しながら染めていくことが出来るのだそうです。ヘアカラーの中でもツヤが出しやすい色があって、暖色系の方がツヤ感が出しやすいようです。ですからヘアカラーをする時には、単純に染めてくれるだけではなく、ダメージやツヤ対策をきちんとしてくれる美容室を探した方が良いですね。そういう技術を持ち合わせているかいないか、では随分と仕上がりやアフターケアがちがってくる様です。ヘアカラーをする人の目的として、単純に髪色を変えてみたい、と思っているのは若い人たちであり、年齢を重ねた人たちの目的は多くの人たちは白髪染めです。白髪があるとどうしても実年齢よりも老けこんで見えますから、なんとか白髪を隠したい、という思いで白髪染めをする人が多いのですが、白髪を必要以上に黒く染めるとなんとなく不自然な感じになってくる時期がやってきます。白く生えて来る髪を黒く染める訳ですから、染めてからに日にちが経つと生え際だけが白髪、というみっともない感じになってくるのも嫌ですよね。そういう悩みを持っている人たちにオススメなのが大人カラーとかグレイカラーと言われているものです。つまり白髪を目立たせないような髪色に染める、と言う考え方です。時々とてもお洒落な年輩の方の中には、白髪ではあるけれども全体的にキレイなグレーやパープルに染めている人がいますよね。とても上品に見えます。無理をして黒髪に染めているよりもずっと気品があるように見えますよね。このカラーリングにも人によって合う色や合わない色がありますし、その時の白髪の状態や量によっても似合う色が違ってきます。その人に一番似合っているカラーを提案してくれる美容室を探す事が成功の秘訣かもしれません。三軒茶屋で人気の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ